集めて編む編集という仕事

素材を集めて上手く組み合わせ無駄を省き発信していく仕事。

編集者・司会・リーダー・ディレクター・キュレーター…

「編集」という作業はどんな仕事でも必要な役目。

 

過日、NPOサプライズ代表理事 飯倉清太さんのコミュニティビジネス論のお話を伺いました。

まずわたし、こういう話が大好きです。

もっともっと聞きたいしもっと考えたくなる。

「ビジネス」って

誰かの困りごとを解決したり
誰かの生活をよりよくするためのもの。

わたしが話を聞いていて本当に楽しくてもっともっと聞かせてほしいと思う人は
いつもこんなことを話してくれたり、常に考えている方だなぁと。

 

今回聞かせていただいたのは
コミュニティビジネスのお話。

地域活性について。

地域活性の言葉に

風の人・・・地域外から情報や人を持ち込んでくる人

土の人・・・土地をよく知る地元の人

水の人・・・風が持ってきた種に水をやり育てる人

という言葉があるそう。

これに最近加わったのが

光の人・・・情報を発信していく人

この4つの役割の人たちがいると地域が活性化していくと言われている。

ただ、それぞれがそれぞれの役割をしているだけではぶつかってしまうこともある。

それぞれの人達が実力を最大限に発揮してもらうためにも
様々な視点で地域を編み込んでいく、「編む人」の存在が加わるといいのではないか、というのが飯倉さんのお話。

 

ここまで聞くと編む人の仕事は
さまざまな情報や素材を集め広い視点を持ち編集する人。

確かにどんな仕事にも通じることだといえる。

コミュニティビジネスに限らず考えた時に

じゃ自分はどの位置の人だろう

どの位置にいたいだろう

と考えてみる。

「加藤望」は現在コミュニティでなく1人なので
やはり実務と同じように全て1人でこなさなくてはいけない。

でも「加藤望コミュニティ」として
わたしが苦手なところは得意な人が担ってくれて
わたしの得意なところができるとしたら編む仕事を選ぶだろう。

会社組織もひとつの方法だと思うけれど
それよりも同じ方向を向ける人と繋がっていけることのほうが今は魅力的に感じる。

 

仕事だけに限らず
いろいろなコミュニティがあるけれど
自分はどの人なのか、どの人でいたいのか考えてみると自分の事や得意なことを知るヒントになる。

ビジネスコーチングや話し方や聴き方コミュニケーションについてお伝えしています

ビジネスコーチングについてはこちら

働き方は生き方を大きく変えるものの一つ
習慣は2週間で決まる。人の細胞は3ヶ月で生まれ変わる。

ビジネスコーチングメニュー

話し方聴き方レッスン、司会のご依頼はこちら

話し方聴き方コミュニケーションのレッスンや企業研修

「今からすぐに使える!話し方聴き方10のコツ」メールアドレスだけで参加できます。無料

https://48auto.biz/katonozomi/touroku/entryform2.htm

30代リーダーのための結果を出す話し方聴き方マガジン 無料

ご希望の方は以下の申込フォームにご記入ください。
https://goo.gl/forms/7cveENBoxkSaoZsA2

現在在庫が少なく
発送までにお時間をいただいております。

加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。