【オススメ商品を買ってもらうクロージングトークはさらに悩ませる】

実は18歳から21歳まで
某百貨店の社員で販売したりカードを作ったりしていました。

今回は
オススメ商品を買ってもらうクロージングトークについて。

初めてのレストランでのオーダーは?

人は日々判断して生活していますが
本当だったらなるべく「考えずに」生きていきたい生き物です。

なので初めてのレストランであまり知識がない時や
たくさんのメニューから選ぶ事を避けるために

本日のオススメボードを見たり
店員さんに
「オススメのメニューはなんですか?」
と聞きます。

では想像してみてください。

今日のオススメランチはサーモンのメニューです。
その時にあなたが販売員だったらどんなトークをしますか?

ここでオススメ商品のみを勧めるのではなく
もう1段階選択肢を提示します。

「本日のお肉のメニューは牛ヒレ肉を赤ワインで柔らかく煮込んでいます。
お魚のメニューはサーモンに豆を使ったクリームソースです。
サラダのメニューは〇〇から届いた有機野菜を使用しています。
グラタンのメニューは定番メニューでいつも人気がありますよ。」

4つの選択肢になりました。

「うーんどうしようかなー」

ここでもう1度悩んで
悩み疲れたところにそっと

「今はサーモンが旬なのでオススメですよ」

と言われたら
思わずサーモンにしちゃいませんか?

男性脳の場合は…

お客様が女性脳の場合は
お店の人のオススメと同じものを頼みたい
共感したい、という心理なのでそのままでいいのですが

もしも男性脳の場合だったら
最後の選択はお客様にしてもらう方がいいです。

最後まで人に決めてもらうのはプライドが傷ついてしまうので。

「お詳しいお客様なら
 AよりBかCがいいかもしれません」

なんて付け加えられるとよりいいです。

女性脳の場合は…

女性脳の方は
共感したいので

お店の人のオススメは効果大です。

グルメサイトやネットショッピングでも
口コミがより気になるのは女性脳の方ですし
口コミをより起こしてくれるのも女性脳の方です。

ネットでの情報も
よくわからない基準でついている星よりも
「詳しいあの人が言っている情報だから信頼できる」
という選び方に変わってきています。

男女脳についての補足はこちらにも
【相手をイライラさせない話し方】

まとめ

まず
買うor 買わない
の選択肢ではなく

これ or これ
の選択肢を与えて

どちらか選んでもらうのは基本ですね。

それよりさらに
もう1段階選択肢を与えて
オススメの商品を購入いただくクロージングトークの方法でした。

しかし何にしても
押し売りや
お客様のことを思っていない言動はすぐにわかってしまいますので
やめましょう。

お知らせ

【現役パーソナリティーの惹きつける話し方信頼される聴き方1Day体験講座】 https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato1day
 
ライブ(対面)講座
●3/5 13:00-15:00
●3/19 13:00-15:00
 
オンライン講座
●3/4 13:00-15:00
●3/18 13:00-15:00
 
全3回の基礎講座はこちら
 
【現役ラジオパーソナリティー・MCの惹きつける話し方信頼される聴き方基礎講座】https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato
 
加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。