【あなたならどうする?現場で起こる想定外のハプニングとは?】

想定外の事が起こるのが現場。

状況によってはMC
その場で咄嗟に判断し
決定、変更しなくてはならないこともあります。

自分だったらどうするか、
考えてみてください。

アドリブ力が試されます。

今回の事例は?

ある企業様のパーティのMCでした。

慰労と懇親を深めるためのパーティー。
参加するすべての皆さんに
楽しんでいただける会にすることが大切です。

イベント参加者にはいろんな方がいます。

自社の方
他社の方
偉い人
企画した社員の方
イベント会社の方
音響会社の方

パーティーは盛りだくさんな内容で、
いろんなことがありましたが
その中から1つ取り上げてご紹介します。

たくさんの催しの中から
「サビトロドン」
というゲームがありました。

皆さんご存知
「イントロドン」
のサビからはじまるバージョンです。

100名近い参加者を4チームにわけ
その中から1人ずつ前に出て回答します。

5曲先に当てたチームが勝ち。

この状況で
私はそのあとのハプニングを予想できませんでした。

この時は予想もできなかった 

誰でも知っているような名曲のサビを流し
早押しで答えます。

この
「誰でも知っているような」
がポイントです。

私は直前にリストをもらいサッと目を通しました。

「前々前世」
「PPAP」
「恋するフォーチュンクッキー」
などなど

なるほどなるほど。
私でもわかる。大丈夫。

確かにそのあたりまでは大丈夫だったんです。

はじめに雲行きが怪しくなったのが
「ガッツだぜ」
ウルフルズの名曲です。

瞬殺で正解されると思ったら
みんな全然当てられない。

よく見ると
回答者がみんな若いんです!

1人ずつ前に出るので
譲り合い精神で
(恥ずかしい方も多く)
なかなか前に出ていらしてくれません。

そうなると前に出されるのは若い方ばかり。

続いて
「white love」
SPEEDの名曲です。

応援席ではあの振り付けをしている人も!

しかし
なかなか正解してくれない…

ここで薄々気づいてきました。

みんな世代が違うんだ…
曲を選んだ音響さんは
私の予想だと30代後半。
名曲の定義がずれている…

私のアナウンスとしては
「若いから有利とかお兄さんお姉さんだから不利とかはなく
名曲ばかりですからみなさんぜひご参加くださいね!」
と言ってはいたのですが。

もう絶対ダメだと思ったのは
「スリル」
布袋寅泰さんの名曲です。
バラエティでもガンガンかかっています!

全然ダメでした。

みなまで聴いても当たらない。

正解が出なければ
優勝チームが決められません。

さて、どうしよう。
あなたがMCだったらどうしますか?

ディレクションもできないといけない

ディレクターのいる現場なら
このような状況はディレクターの判断に任されます。

イベント企画会社がイベント内容も企画して
運営しているのなら
ディレクターがいてくれることもありますが
今回はそこも全てMCに任されています。

台本にも
“後の進行は任せます”
と書いてある。
私が判断しなければいけません。

そしてこのような状況は少なくないです。

私がとっさに出したのは
特別ルール。

「1チーム1回だけチームの人にヒントをもらえる権利をつけます!」

その後も
“30代の名曲”
が続きましたがこの措置のおかげで
なんとか優勝チームを決められました。

しかも接戦でしたので
盛り上がりました。

臨機応変な対応と決断力

このような生の現場をこなすには
臨機応変な対応と決断力が必要です。

きちんと喋れる
ことはもちろん
現場を回せる能力
が大切。

MC力はリーダーシップ力とキュレーション力

MCは編集と発信をします。

周りの状況を確認して編集し
進むための舵を切る。

MCは主役ではない。

しかし
MCが動かなければ何も動かないし
MCでその場の雰囲気の方向性が決まる。

バレーボールならセッターです。
アタッカーに最適なトスを上げる。

ゴルフならアプローチ。
最後は決めてもらいましょう。

さて
みなさんなら今回の状況で
どんな判断をしますか?

いい案があったら教えてください^^

お知らせ

MC力もお伝えしています。
 
【現役ラジオパーソナリティー・MCの惹きつける話し方信頼される聴き方基礎講座】https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato 
 
オンライン講座(ご自宅等で)
 
【現役パーソナリティーの惹きつける話し方信頼される聴き方1Day体験講座】 https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato1day
 
ライブ(対面)講座
 
オンライン講座
加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。