見られたい自分と人から見られている自分のギャップ

横に広げるのではなく奥行きを広げればいい。

 

自分が出していきたいキャラクター(ブランディング、イメージ)と
人から見られるキャラクター(ブランディング、イメージ)のギャップに悩む人は少なくないと思います。

本当は可愛いって言われたいのになぜかカッコイイと言われてしまう、とか。

可愛いくて優しい雰囲気の作品が好きだとみんな言ってくれるけど
でもホントはカッコイイのも表現していきたい自分がいる、とか。

 

「本当はこんな風に見せたい」とか「こんな自分も知ってほしい」というのはひとまず置いておいて
人から見られている自分を利用してしまったほうがスムーズに進むこともあります。

商品設計のように
フロントエンド(お客様に認知してもらう商品)を人から見られるキャラクターにして
そこから自分のお客さんになってくれた人に対して
バックエンド(フロントエンドの次の商品)に本当はこんな風に見られたい、という自分を出していく。

 

人から見られている自分のキャラクターって
もうすでに多くの人に知られていて
そしてそれを求められていることも多い。

だったらそれを利用してしまえばいい。

 

1,000人に対してカッコイイ自分でそのあとお客さんになってくれた(仲良くなった)100人に対して可愛い自分もありますよ。わたし実はこんなキャラも、こんな商品も持っていますよ。
とアピールする。

深く自分を知ってもらうことができ
ファンやリピーターになってもらうチャンスになる。

人から求められている自分と
自分が表現したい自分を両方出すことができてスッキリします。

 

まだまだ認知が足りないと思っているのであれば
無理をしてセルフブランディングをするよりも(できるなら全然していいとおもいます!)
今、人から見られている自分を一番前にもってきて
出したい自分はその後ろに。

欲張ってあれもこれもと前に並べるよりも
上手く利用して奥行きを広げるのも一つの方法。

視点ほんの少しずらしたりすると、できることが増えますよ。

ビジネスコーチングや話し方や聴き方コミュニケーションについてお伝えしています

ビジネスコーチングについてはこちら

働き方は生き方を大きく変えるものの一つ
習慣は2週間で決まる。人の細胞は3ヶ月で生まれ変わる。

ビジネスコーチングメニュー

話し方聴き方レッスン、司会のご依頼はこちら

話し方聴き方コミュニケーションのレッスンや企業研修

「今からすぐに使える!話し方聴き方10のコツ」メールアドレスだけで参加できます。無料

https://48auto.biz/katonozomi/touroku/entryform2.htm

30代リーダーのための結果を出す話し方聴き方マガジン 無料

ご希望の方は以下の申込フォームにご記入ください。
https://goo.gl/forms/7cveENBoxkSaoZsA2

現在在庫が少なく
発送までにお時間をいただいております。

加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。