頭のいい人・悪い人の話し方と眠くなる話し方の特徴とは?

よくあるパターンです。
頭の切れる人が大勢の観客の前で
講演をする風景を思い浮かべてみてください。

その講演者は某一部上場企業の若い役職の方でした。

30分の講演だったのですが眠くて…
大変でした。

頭がいい人のプレゼンほど聞いていて眠くなる

頭の回転が早くつらつらと言葉が出てくる。
頭がいいので聞き手がわからないことがわからない。
レベルが高く、スライド資料も難しい。
聞き手がついてこれていないことに気づけない。

以前こちらにも書きました。
眠くなる話し方の特徴

聞き手を眠らせてしまう話し方。

頭のいい人は往々にしてそんな眠くなる話し方をしてしまいがちで
共通していますので、アプローチの仕方を変えて書いてみます。
ポイントは聞き手のことを考えられていないのが原因です。

眠くなる話し方で共通している3つの特徴

・声のトーン、テンポ、スピードが全て一定

頭の切れる講演者は、頭の中で文章を整理して構成できてしまうため
練習せずともつらつらを言葉が出てきます。

これいわゆる、話し上手ではなく単なるおしゃべりに相当します。

話し上手とは、観衆の反応を見ながら柔軟な対応ができ
それに対応した話し方ができる人です。

観衆の反応を見ながら喋ることができないので
声のトーン、スピード、テンポが一定になってしまいます。

声の強弱、抑揚、間などを無視して感情もこもらないので
聞き手を眠らせてしまいます。

・聞き手の反応を伺わず1人で「しゃべっている」

頭のいい人は
自分で自分の話に酔っています。

  • 聞き手がついてこられていないことに気づけない。
  • 自分が理解しているから相手も理解していると思い込んでしまう。
  • 全く悪気はなく「当たり前」だと思ってしまう。

聞き手ももちろん理解しようと頑張りますがペースを落とさず進んでしまうので
脱落者多数になり講演内容を理解することができず眠くなってしまいます。

頭の良すぎる講演者は聞き手が理解できないと
「理解できない相手が悪い」
と思ってしまいがちです。

また、頭のいい人はそれなりの地位についていますので
周りに指摘してくれる人がいないことが多く、なかなか直せません。

・スライドや言葉が難解

頭のいい人は聞き手の視力なんて気にしません。
細かい文字も使うし
遠くから見てもわからないグラフ
専門用語も多発します。
プレゼン用のスライドではなく
いつも使っている資料をそのまま使用したりします。
細かく情報が載っているのでそっちの方がいいと思ってしまいます。

眠くなる話し方から考える眠くならない話し方

大勢の観客の前で講演をする時
共感を得て感動を与え、観客を惹きつける魅力的な話し方の3つの方法。

・声のトーン、テンポ、スピードを伝えたい言葉に合わせて変える

・声の大きさや声色・・・大きな声にしたいところ、普通でいいところを考えること。力強いソリッドボイスなのか、もしくは息ばかりの囁くようなウィスパーボイスを使ったら効果的な部分もあるかもしれませんよね。

・話のテンポ・・・理解が難しいところや気持ちを込めたいところはテンポを落とすと伝わりやすいです。テンポが一定ではないことで気になり注意が向いていきます。

・話すスピード・・・「その車はものすごく早いスピードで駆け抜けていきました。」という文章があったとして「ものすごく早いスピードで」の部分だけ早く読んだら臨場感が伝わりませんか?

・間の取り方・・・間は決して悪いものではありません。慣れていないと間ができたらどうしよう!と焦ってしまいますが、もしも間ができたとしても堂々として見えてください。質問、疑問系の言葉のあとはワンテンポおきましょう。効果的に観客を惹きつけられます。

・意味に合わせた抑揚のつけ方・・・文章に抑揚がつくと感情が伝わりやすくなります。棒読みになっていませんか?話し手の感情は伝染します。緊張も伝染しますよね。共感を得られる話し方はきちんと感情表現ができている話し方です。大げさにしろというわけではありませんが慣れていない方は大げさに表現するくらいの練習をしてもいいですよ。

これをきちんと使い分けることができれば一本調子の話し方ではなくなり、
惹きつける話し方になります。

・聞き手の反応を伺いながら質問を交えて喋る

ただ聞いているだけでは常に受け身で眠くなってしまいます。
観客に能動的に聞いてもらうためには
質問の力がとても効果的です。

「最近インフルエンザが流行っていますがみなさんの周りではいかがですか?」
「みなさんはこんな問題を抱えたことはありませんか?」
など質問を投げかけることで観客は「どうかな?」と思考します。
特に答えを求める必要はありません。
ただ考えてくれさえすればいいのです。

観客の反応を見て
頷きが多い時と
理解していなさそうな表情が多かった時とでは
次のアプローチの仕方を変えるべきです。

相手の反応を観察できなければ
録音したものを流すのと変わりません。

・スライドは見やすく。専門用語は使わない。

パッと見て5秒で理解できるスライド。
専門用語は使わず、誰にでもわかる表現で伝えること。

細かい資料を見せるのも
専門用語を使うのも
伝える方は簡単です。

それを分解して観客にわかりやすく伝えるか。
伝わらなければ伝わっていないのと同じです。

聞く人の目線や思考を考えて
伝わるスライドと伝わる言葉をきちんと用意しましょう。

まとめ

話し手が満足するのではなく
聞き手が満足するためにプレゼンをすること。

プレゼンは聞き手がワクワクするいい提案です。
そして話し手もワクワクしながら話せばきちんと抑揚がついてきます。

話し方やコミュニケーションはスキルです。
誰でもできる「話す」という行為。
少しのスキルで差がつきます。
抑揚・強調・間・言葉の選び方・体の動かし方…

自信のない方はまず録音、録画するところからはじめてみましょう。

 

仕事につながる!司会・ラジオパーソナリティ養成スクール

オンラインマンツーマンレッスンで
プロフィール写真、プロフィール作成、名刺作成などもでき、
修了後、イベントの司会など仕事につながる養成スクールです。

詳細はこちら
仕事につながる!司会・ラジオパーソナリティ養成スクール

「今からすぐに使える!話し方聴き方10のコツ」メールアドレスだけで参加できます。無料

話し方や聴き方って誰にも教わらなくても誰でもできてしまいますよね。

でもほんの少しのコツや技術を知るだけで
コミュニケーションの取り方
伝え方聴き方を変えることができます。

話し方やコミュニケーションはスキルです。
誰でも当たり前にできることだからこそ
少しの学びで大きく変化します。

https://48auto.biz/katonozomi/touroku/entryform2.htm

現役ラジオパーソナリティーの話し方聴き方講座

全3回の基礎講座詳細 

http://nozomicoaching.com/hanasikatakikikatakouza0326/

ワンランク上のビジネスコミュニケーション
【現役ラジオパーソナリティー・MCの惹きつける話し方信頼される聴き方基礎講座】https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato

【企業研修・社員研修のお問い合わせはこちら】
3名以上で招致していただけます。
info@nozomicoaching.com

【専門分野】
コミュニケーション・リーダーシップ・アクティブリスニング・パブリックスピーキング・ビジネスコーチング・腹式呼吸・発声
ホスピタリティ研修・動画による話し方研修・マネジメント研修・アクティブリスニング研修・コミュニケーション研修 等

ビジネスパーソンのための話し方聴き方トレーニング

完全オンラインのパーソナルトレーニング
あなたに合わせたトレーニング方法を作成します。

お申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3440dffc505825

セミナー講師のための話し方聴き方トレーニング

完全オンラインのパーソナルトレーニング
講座の内容に合わせたカリキュラムと
毎日できるトレーニング方法を作成します。

お申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3440dffc505825

30代リーダーのための結果を出す話し方聴き方マガジン 無料

「ワンランク上のビジネスコミュニケーション
30代リーダーのための結果を出す話し方聴き方」マガジン
無料でお届けしています。
https://goo.gl/forms/7cveENBoxkSaoZsA2

12ページのマガジンで
ビジネスコミュニケーションについて。
・聴く力
・質問の力
・伝える力
簡単にできるワークや診断、
講座のご案内などが書かれています。

ご希望の方は以下の申込フォームにご記入ください。
https://goo.gl/forms/7cveENBoxkSaoZsA2
1部から発送します。

加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。