【「君の名は。みたいな感じで」と発注されたらどうする?】

そこからクライアントの希望を引き出せるか、
同じ方向に向かえる目標を作り上げることも
大切な仕事ではないでしょうか?

話題を生んだツイート

“「最近の仕事の打ち合わせでクライアントから『君の名は。みたいな感じで』という文言が必ずでる。うんざりしてる。じゃあ新海さんにたのめよ!」”

クライアントからの雑すぎる発注として
こちらのツイートが話題になっているという記事を読みました。
https://news.careerconnection.jp/?p=31121

“たしかに、クリエイターそれぞれに個性があるのに、「最近話題の○○みたいに」と言われるのは心外だろう。ヒット作と似たような作品にしておけばそれでOKというクライアント側も浅はかだ。”

“「IT業界でもある。相手はプロではないので共通認識もないし有名なもので例えてくるのは当たり前の話だけども」
「昔、宇多田ヒカルのAutomaticがヒットした頃にこういう話が沢山あったみたい。『宇多田ヒカルみたいな~』って」
「ゲーム系だともうちょっと具体的ですね『FGOみたいのを』『1/2の製作費で』『半年で』って指示が出ますモノ」”

どうですか?

うん。確かに気持ちはわからないでもない。

本当に
「君の名は。」や
「宇多田ヒカル」
みたいな曲を作って欲しいのならその本人に頼めば
一番近い物が出来上がるでしょう。

でもそれって本当にクライアントが望んでいることだと思いますか?

クライアントが望むものとプロからの提案(プレゼン)

確かに
「ヒットした○○みたいに」
という発注は雑すぎるし、
同じようなものを作ってもデメリットの方が大きい。

しかし、
クライアントはその専門職ではないので
表現の仕方がわからないだけ
ではないですか?

「君の名は。」
みたいなものがいいという一言でも

「君の名は。」
のどんなところがいいのか。

青春や純愛を感じる部分がいいのか
景色の描写がリアルでいいのか
曲とマッチしているミュージッククリップ風なところがいいのか
キャラクターの絵のタッチがいいのか
伏線が張り巡らされているところがいいのか
声優さんがいいのか
色使いがいいのか
ファンタジーとリアルが折り重なっているところがいいのか
ただヒットしているからいいのか

いいところなんてたくさんあって
クライアントはどこをとりいれたくて
そして
クライアントが作りたいものは何か。

それを具体的に
明確に目に見えて見せてあげる
きちんとヒアリングして相談に乗って
一緒に作り上げることができる
のも仕事ではないでしょうか?

むしろそこがとても大切な部分で
そこをきちんと構築できれば
仕事の半分以上は終わっている。

クライアントの求めている未来と
それに対する提案(プレゼン)と実行。

どんな仕事にも共通します。

これによって
多少の修正はあるものの
「思ったものと違かった」
ということはなくなるし、

また頼みたいと思う信頼される取引先

になるのではないでしょうか?

クライアントの要望を引き出す作業すら
AIにお願いした方が早くて的確になる未来はすぐそばですよ。

まとめ

上戸彩さんが好きなのですが
今度美容室で
「上戸彩にしてください」
って言ってみようかしら。

「顔面が違うので無理です。」
ではなくて
私が出したい印象をヒアリングしてくれて
限りなく近くなるよう努力してくれる
私らしい魅力を引き出してくれる美容師さんがいいですね^^

お知らせ

【現役ラジオパーソナリティー・MCの惹きつける話し方信頼される聴き方基礎講座】https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato
 
オンライン講座(ご自宅等で)
 
【現役パーソナリティーの惹きつける話し方信頼される聴き方1Day体験講座】 https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato1day
 
ライブ(対面)講座
 
オンライン講座
 
【プレゼン・スピーチ直前強化トレーニング】
まずはオンラインで無料相談(60分)してください。

 

加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。