【私が歌手を「辞められた」1つの理由 】

それは
全力で走り切ったから。
 
(辞めるきっかけと辞められた理由は別物として
この記事には辞められた理由を残します)
 

歌手になりたいにしては遅いスタート

25〜30歳まで歌手でした。
なんとも遅いスタートです。
 
20歳の頃からボイトレはしていました。
ただ通っているだけで
「歌手になりたいな」
と言っているだけでした。
(MCの仕事は21歳から)
 
25歳からアウトプットの活動を始めたので
25歳〜
としています。
 
実際歌手だけで食べて生きていけたのは
最後の2年ほど。
 
ここで駆け抜けた自分がいるので
引退することができました。
 

どうして歌手だけで食べて生きていけたのか

それは
「24時間365日そのことしか考えていなかったから」
 
はちょっと言い過ぎですが、
近いものがあります。
 
まず
目標は
「それで食べていけること」
です。
 
はじめははっきりと
そう思っていませんでしたが、
現実的な問題や
理想的な自分
を考えて、
「それで食べていけること」
を目標にしました。
 
私にとっての
「それ」というのは
「自分の理念や想いを歌う歌手であること」
 

「それで食べていけること」に到達するためにしたこと

・自分のお金でCDを作る
・流通にかけず自分で売る
・ほぼ毎日路上ライブをする
(雨の日以外)
・赤字になるライブイベントはしない
・自分のライブに友達を呼ばない
(来てね、というメールをしない。
はじめはしていました。)
・本当に好きな人のライブ以外いかない
 
まぁとにかく毎日路上ライブをしました。
 
そのために
音符も読めず
コードも知らずでしたが
27歳で初めてピアノをはじめました。
 
コードブックを片手に
弾き語りとは言えないほどの腕前で
コードを鳴らしながらの弾き語り。
 
どうしても
それで食べて行きたかったので、
路上ライブをするためだけに
ピアノをはじめました。
 
弾きながら歌うって結構難しいんですよね。
 
なんとかコードがならせるようになり
7割くらいの腕前で
駅前で路上ライブをはじめました。
 
初めての路上ライブの話をすると
また長くなってしまうので
やめておきますが
 
それから見よう見まねで路上ライブをはじめ
少しずつファンや応援してくれる方が増え
怒られたり泣いたりしながら
ほぼ毎日続けました。
 
例えば
1日に2,000円のCDが10枚売れれば
2万円です。
 
毎日続ければ
生きていくのには
可能な数字ではないでしょうか。
 
しかし単純にそうもいきません。
売れる日もあれば売れない日もある。
 

苦肉の策からの出逢い

雨の日は機材やピアノが濡れてしまうので
さすがにしていなかったのですが、
 
では梅雨の時期はどうしましょう。
 
ピアノを担いで
スナックなどの飲み屋さんを回ったこともあります。
 
「私歌を歌っているんですが、
雨の日にお店で歌わせてもらえませんか?」
って。
 
すごい勇気ですね。ほんとに。
雨の日は飲み屋さんも客足が少なくなるだろうから、
集客にもいいんじゃないかと。
 
何軒かで歌わせてもらったりもしましたが、
結局、歌わせてもらえるところはあまりなく。
 
でもそんなことをしていると、
素敵な出逢いがあったりします。
 
たまたま居合わせた
「偉い人」が
頑張ってるから応援したい
と大勢の前で歌う機会を作ってくださったり、
 
ある日の駅前では
お坊さんから声をかけられ
「うちのお寺で歌ってほしい」
と四国に呼んでいただいたり
 
何度も素通りしていた人が
ある日突然CDを買ってくれたり。
 
もちろん私の度胸と行動力はすごい(いろんな意味で)と思いますが
 
「お前ならできる」と褒めて支え続けてくれたパートナーや
諦めず期待してくれたファンや
日々聴いてくれたたくさんの方がいたから
出来たこと。
 

最後の日を決める

あるきっかけで引退を決意したのですが、
迷いはありませんでした。
 
全力で走る私と
周りの方に宣言するため
最後の日を決めました。
 
2013年9月28日
最後のライブ
 
些細なことで涙してしまう私が
その日は
涙を浮かべるだけですみました。
 
自分自身
全て丸ごと受け入れていたからだと思っています。
 
音楽活動を生業とする
のを辞めたので
ふらふらと歌いたかったら歌います。
今も1年に1度か2度は歌っています。
 
そして
仕事は変わっても
「加藤望の理念」
はほぼ変わっていません。
 

最後に

自分と可能性を信じて
24時間365日そのことだけを考え行動すれば
達成できるし
自由になれる。
 
全力で走り切った結果が
歌手を「辞められた」理由。
 
体育会系で
脳筋で
感覚と直感に理屈を織り交ぜた
当たって砕けろな経営方針でした。
(今はだいぶ頭を使うようになりました..)
 
やりたいことは変わってもいいし
やり方だって変わってもいい
変えられない方が成長できない
 
辞めたくなければ辞めなくていい
辞める理由が欲しいなら1度全力を出してみたら
 
音楽活動をしている人や
何かどこかへ向かっているものがある人
誰かの何かのために
この文章が少しでも
道しるべとなれば嬉しいです。
 

追記 2017/2/6

 
こちらの記事にたくさんアクセスいただきありがとうございます。
公開直後、
Facebookで公開した文章があるのですが
そちらも追記させていただきます。
 
2017/1/29 8:31

たくさんシェアしていただいて
ありがとうございます。

嬉しいしよかったです。
(内心とってもホッとしてます)

ついでに言うと

・メジャーデビューしたい人
・食べていきたい人
・コンサートホールを満員にしたい人

は異なるやり方があるので
(共通するところもあるけど)

「じゃそのために何してるの?」

ということです。

私は食べていきたい人だったので
そのやり方。

“どうなりたいのか。
そのために何をするべきなのか。”

2017/1/29 8:59
またまたついでに言うと

「愚直に頑張っていれば
誰かが見つけてくれる。助けてくれる。」

は結果論です。

私はたくさんの人に応援、
助けてもらいましたが、

自分でできる方法を考えて実行して
それからはじめて見つけてくれたり、
助けてもらえたりします。

やっている本人が
「愚直に頑張っていれば
誰かにスカウトされるかも!」
というのは違う。

まだ誰かに
夢や目標を叶えてもらおうとしてる。

努力する方向性を
間違えていることが多い。

※具体的なアドバイスは有償となりますが
ご相談はいつでも無料で受け付けています。
info@nozomicoaching.com 

お知らせ

 
【現役ラジオパーソナリティー・MCの惹きつける話し方信頼される聴き方基礎講座】https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato 
 
オンライン講座(ご自宅等で)
 
【現役パーソナリティーの惹きつける話し方信頼される聴き方1Day体験講座】 https://peraichi.com/landing_pages/view/nozomikato1day
 
ライブ(対面)講座
 
オンライン講座
加藤 望
ビジネスコーチ/話し方聴き方講師 加藤望 持ち前の明るさと魅力を引き出す会話力、面倒見の良さを発揮し、クライアントの目標達成を全力で後押しするコーチングが好評。働き方や生き方が多様化する中、ファシリテーティブリーダーや人の話をしっかりと聴ける人を増やしていきたいと、楽しく学べるセミナーやチームコーチング、個別コーチングなどを行っている。 現役MC・ラジオパーソナリティーとしてShibuya cross-FMにて毎週水曜21時から自身の番組を生放送中。お問い合わせ:info@nozomicoaching.com

こちらの記事もよく読まれてます。